ルサージュについて


【LESAGE/ ルサージュって】

 

✅  シャネルとルサージュの歴史

シャネルのメティエダール
コレクションを手がけるアトリエは数多くあり
その中でも有名なのがルサージュ

年に2回のオートクチュール・ショーでは
クリスチャン・ディオール
ルイ・ヴィトン、シャネルなど
複数のメゾンの刺繍を手がけています

 

1858年の創立以来
ナポレオン3世に愛され
パリのオートクチュールを支えてきました

1983年、カール・ラガーフェルドが就任し
ルサージュにシャネルの門が開かれます

2002年にはメティエダールにも加わり
卓越した職人技でオートクチュール作品を
つむぎ出しています

 

 

 

✅   ルサージュの気が遠くなる手作業

 

ルサージュでは手作業で刺繍が紡がれていきます

帽子の刺繍に30時間
ズボンの刺繍に415時間!😲

とにかく作品に手にかける時間が
尋常ではありません・・

 

またツイードに関しても同じように
膨大な時間が使われます

 

 

photo : Julie Ansiau 

 

 

ツイードには色んな素材が使われ
例えば オーガンジーやプラスチック
リボンやテープ、ヒモや細いロープ
なかにはシャツの生地を割いた素材まで!

リボンやテープを平らに編み込もうと思えば
当然いったん機械を止めて手作業です

 

機械が1時間で織り進められる仕事なら
シャネルのツイードの場合は1日がかり❗️

 

 

 

この丁寧な作業が芸術品の域に達する
ツイードを生み出していきます

縦横に行き交わせた糸が
独特の優しい表情を編出します

 

 

 

✅  "まとうジュエリー” の美しさを

 

現在、アーカイブには75,000種の
膨大な数の刺繍の見本が保管されており
1858年からの刺繍コレクションは
モード史を物語る貴重な宝物となっています

 

綿密な作業で紡がれるツイードは
"まとうジュエリー”
と表現されるほどの美しさです

セレブリティだけでなく
全世界の女性たちを魅了し続ける老舗

刺繍で夢を描く「ルサージュ」と
いわれるのにも納得ですね

 

まだルサージュを経験されてない方は
ぜひ この機会に💗