なぜ よいものを持つと「脳内反応」に影響するのか

なぜ よいものを持つと「脳内反応」に影響するのか

女性であれば、腕時計やバッグなど、自分のものを褒められると、

なんだか自分自身が褒められたような気がして、

その日一日 気分がよくなったという経験をしたがおありなのでは。。

これは、私たちは周辺のものを自らの一部として認識しているから・・だそうです。

心理学的に「拡張自我」と呼ばれ、ブランド品についても同じことがいえるとか。。


「高価なもの、丹精込めてつくられたものを身に着けたい」と思う人は

「その価値がある人間だ」と考えている人、あるいは、そうであろうと心がけている人、

といえるかも知れないですね。

身につけるものは、他人への印象はもちろん、自分自身への気持や認識に大きく影響します。

 

面白い海外の実験では、清潔感のある服装をした人は

万引きなどをする確率が減るという研究結果もあるそうですが、

ちょっとよいスーツとヒールを着れば 自然と姿勢や所作もよくなってしまう・・

と同じ事かもしれません

洋服も「拡張自我」の一種だといえそうですね。

女性であれば特に、自分の着るもの、身につけるもので少なからず影響を受ける!

と経験している人は多いでしょう。

「身につけるもののクオリティーが脳内反応に大きく影響している」

という事実より何より、まず、品質のよいものは結局コスパがよく長くもつ。

 

 

「良いものを長く大切に・・・・」

 

わたしたちTC japan は、このことを念頭に、

今日もみなさまに喜んでいただけるよう

厳選された商品入荷に取り組んでいます。